[12/3公開] ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ [ネタバレなし感想]

海外映画
スポンサーリンク

マーベル・コミックが生み出したダークヒーロー「ヴェノム」を主人公とする、2018年に公開された映画「ヴェノム」。

その続編である「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」が12/3に公開されました。

この記事では、12/3に公開された映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」を観た感想をネタバレなしで紹介します。

※前作「ヴェノム」を観ていない方は、先に「ヴェノム」を観ることをオススメします。
 「ヴェノム」については↓の記事で紹介しています。

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のあらすじ

スライム状の地球外生命体シンビオートのヴェノムに寄生されている、ジャーナリストのエディ・ブロック。

フリーのジャーナリストであるエディは、刑務所に収監されている恐るべき連続殺人犯クレタス・キャサディに気に入られ、取材記者として指名される。

取材の最中、エディの中にいるヴェノムはクレタスが独房に描いた絵を発見する。

この絵を手がかりにして、クレタスの新たな殺人が明らかにされ、彼の死刑が確定する。

そして、死刑が決まったクレタスはエディに最後の面会を求める。

面会中、クレタスがエディに対して放った言葉にヴェノムは激怒し、エディの体を使ってクレタスに襲い掛かる。

そのときに、クレタスはエディの手を噛み、口についたエディの血からシンビオートが体内へと入り込んでしまう。

シンビオートに寄生されたクレタスは、死刑執行中に”赤いヴェノム”のような怪物「カーネイジ」へと変貌し、刑務官たちを蹴散らし脱走する。

クレタスの脱走を知ったエディたちは、ヴェノムの子供とも言えるカーネイジとの戦いへと身を投じる。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告1 2021年 全国ロードショー #ヴェノム #カーネイジ
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告2 2021年 全国ロードショー #ヴェノム #カーネイジ
『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告3 2021年 全国ロードショー #ヴェノム #カーネイジ

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の見どころ・感想

コメディ感満載のエディとヴェノムのやりとり

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ ヴェノムとエディ
出典:『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』予告3 2021年 全国ロードショー #ヴェノム #カーネイジ – YouTube

前作でもエディとヴェノムのやりとりは面白かったが、今作はそれ以上です。

もう初っ端からヴェノムが絶好調で、これでもかってくらい喋ります。

すでに多くの時間を共に過ごしてきて、ときには喧嘩もするけど、お互いが言いたいことを言い合えるような気軽な関係性がいいなと思いました。

カーネイジの宿主であるクレタスのサイコパス感がすごい

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ クレタス
出典:ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ : 作品情報 – 映画.com

本作のヴィラン「カーネイジ」の宿主である連続殺人犯クレタス。

このクレタスの不気味な感じがすごく良かったです。

物静かでありながら、どこか狂気的な雰囲気を醸し出しており、まさにサイコパスといった感じでした。

クレタスを演じたウディ・ハレルソンの演技も見どころの一つです。

迫力あるアクションシーン

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ カーネイジ
出典:ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ : 作品情報 – 映画.com

前作のアクションも迫力がありましたが、今作はもっと凄いです。

ヴェノムのアクションはもちろんのこと、カーネイジのアクションはより凄まじいです。

特にカーネイジが咆哮するシーンはとんでもない迫力でした。

ぜひとも映画館の大スクリーン・大音響で体感していただきたいと思いました。

ポストクレジットシーンが最後に全部持って行った

本作にはエンドロールの途中に短い映像「ポストクレジットシーン」があります。

このポストクレジットシーンがもう最高でした。

映画本編ももちろん面白かったですが、ポストクレジットシーンが最後に全て持っていきました。

「マーベルとソニー…やってくれたなあ」というのが素直な感想です。

とても短い映像ではありますが、マーベル映画好きの人なら間違いなく大興奮の内容となっています。

まとめ

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」について紹介してきました。

マーベル映画が好きな方はもちろんのこと、アクションが好きな方も楽しめる映画だと思います。

本作が気になっている方は、映画館の大スクリーン・大音響で迫力あるアクションシーンを体感してみてはいかがでしょうか。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました