[プロテイン紹介] かなりの高コスパ!「マッドプロテイン ホエイプロテイン」[MADPROTEIN]

健康
スポンサーリンク

日頃から健康やダイエットのために筋トレを頑張っている人は多いと思います。

そんな人の中には、筋トレ後にプロテインを飲んでいる人もいるでしょう。

私も日頃から筋トレをしていて、終わったらプロテインを飲んでいます。

ただ、プロテインってけっして安くはないですよね。

私はザバスのホエイプロテインのココア味を3年ほど飲み続けていたのですが、50食分の1050gで3973円(Amazon価格)するんですよね。

正直、ちょっと高いなと思っていました。

なので、もっと安いプロテインに変えてみようと思い、「マッドプロテイン ホエイプロテイン」のバナナ味を購入してみました。

この「マッドプロテイン ホエイプロテイン」の価格はなんと33食分の1kgで1980円!(Amazon価格)

ザバスのホエイプロテインの半分ほどの価格です。

1食あたりの価格はザバスが79円、マッドプロテインが60円です。

マッドプロテインのほうが1食あたり19円安くなっています。

19円なんて大した額じゃないと思うかもしれませんが、プロテインを継続して飲み続けるのなら馬鹿にならない差だと思います。

この記事では、「マッドプロテイン ホエイプロテイン」について、”良い点”と”ちょっと気になった点”を、ザバスのホエイプロテインとの比較もしつつ紹介したいと思います。

「マッドプロテイン ホエイプロテイン」の良い点

価格が安い

冒頭でもお伝えしましたが、マッドプロテインの一番の魅力は低価格であることです。

Amazon価格ですと1kgで1980円。

1食の量が付属スプーン3杯の30gなので33食分、1食あたり60円です。

ザバスのホエイプロテインは1食あたり79円なので、マッドプロテインの方が19円お得です。

ちなみに、1食の量をスプーン2杯の20gにすると50食分となり、1食あたり40円!

ザバスのホエイプロテインより39円お得になります。

1食の量をスプーン2杯にした場合とも比較した理由は後述します。

タンパク質量が多い

あなたがプロテインを飲む理由はなんでしょうか。

タンパク質を摂取するためですよね。

なので、プロテインに含まれているタンパク質量が気になる方もいるでしょう。

マッドプロテインはザバスのホエイプロテインと比べて、含まれているタンパク質量が多いです。

以下にマッドプロテインとザバス ホエイプロテインの栄養成分をまとめてみました。

マッドプロテイン 30 g
(1食分)
マッドプロテイン 20 gザバス ホエイプロテイン 21 g
(1食分)
エネルギー115 kcal77 kcal83 kcal
タンパク質22.8 g15.2 g15.0 g
脂質1.659 g1.106 g1.4 g
炭水化物4.17 g2.78 g2.5 g
食塩相当量0.2064 g0.1376 g0.14 g ~ 0.43 g
ナイアシン4.023 mg2.682 mg3.6 mg ~ 9.9 mg
ビタミンA285.9 μg190.6 μg
ビタミンB10.726 mg0.484 mg0.50 mg
ビタミンB20.414 mg0.276 mg0.57 mg
ビタミンB60.516 mg0.344 mg0.42 mg
ビタミンB120.903 μg0.602 μg
ビタミンC33.75 mg22.5 mg32 mg
ビタミンD1.917 μg1.278 μg9.1 μg
ビタミンE1.962 mg1.308 mg
葉酸81.66 μg54.44 μg
パントテン酸1.9278 mg1.2852 mg
マッドプロテインとザバス ホエイプロテインの栄養成分

注目してほしいのは、タンパク質の量です。

1食で摂れるタンパク質量を比較すると、マッドプロテインの方が7.8g多いです。

さらに、マッドプロテインの1食の量を20gとした場合でも、ザバスよりタンパク質量が多いです。

さきほど、1食の量をスプーン2杯にした場合とも、価格を比較したのはこれが理由です。

おいしい

いくら安くて、タンパク質量が多くてもマズければ飲みたいとは思わないでしょう。

でも、安心してください。

マッドプロテインは味もおいしいです。

私は今回バナナ味を購入しました。

これを30g(付属スプーンすりきり3杯)、低脂肪乳200mLに溶かして飲んでみました。

低脂肪乳に溶かしたマッドプロテイン

その感想は

「バナナオレじゃん!」

です。

本当にバナナオレを飲んでるような感じで、マズいなんて感じることはないでしょう。

ただ、人によってはちょっと甘すぎると感じるかもしれません。

水200mLでも飲んでみたのですが微妙でした。

マズいとまでは言いませんが低脂肪乳の方が圧倒的にオススメです。

水に溶かしたマッドプロテイン

↑水に溶かすと見た目はこんな感じ。低脂肪乳に溶かしたときと見た目はそんなに変わらないです。

20gを低脂肪乳に溶かして飲んだときは、30gより甘さ控えめのバナナオレという感じで、これはこれでおいしいと感じました。

味の種類が豊富

マッドプロテインは味の種類が豊富です。

その数なんと15種類!

ノンフレーバーも含めれば16種類です。

これだけの種類があれば、味に飽きてしまうなんてことはまずないでしょう。

マッドプロテインの味一覧
出典:https://mad-protein.com/

粉が溶けやすい

マッドプロテインの特徴の一つとして粉が細かいことがあります。

そのため、牛乳や水に溶けやすく、溶け残った粉がシェイカーの壁面についてしまうなんてことはありませんでした。

ザバスのホエイプロテインとの比較してみても、マッドプロテインはとても溶けやすいことを実感しました。

粉が溶け残ってシェイカーの壁面についていると、なんだかもったいない気分になるので溶けやすいのは嬉しく感じました。

低脂肪乳に溶かす前のマッドプロテイン

↑溶かす前

低脂肪乳に溶かした後のマッドプロテイン

↑溶かした後。粉がダマになったり、壁面についたりしない。

「マッドプロテイン ホエイプロテイン」のちょっと気になった点

袋の口が小さい

マッドプロテインのちょっと気になった点として、袋の口が小さいということがあります。

袋に入っている粉が減ってくると、袋の下の方まで手を入れて粉を取り出す必要があります。

このとき、口が狭いのでちょっと取り出しづらいと感じました

また、袋の内面についている粉が手についてしまうのも気になりました。

粉が細かいので溶けやすいのですが、その分すごく手につきやすくなってしまっているなと感じました。

狭い袋の口

↑袋の口が狭い

手についたマッドプロテインの粉

↑袋の口が狭いので、粉が手についてしまう

最初スプーンが粉の中に埋まってる

最初に開封したときだけなのですが、付属のスプーンが粉の中に埋まっています

なので、粉の中からスプーンを掘り出さないといけません。

私としてはたいして気になりませんでしたが、人によっては粉の中にスプーンが埋まっているのがイヤだと思うかもしれません。

粉の中に埋もれた付属スプーン

まとめ

「マッドプロテイン ホエイプロテイン」について紹介してきました。

ポイントを以下にまとめておきます。

マッドプロテインの良い点

・価格が安い(60円/食 or 40円/食)
・含まれているタンパク質の量が多い
・おいしい
・味の種類が豊富
・粉が溶けやすい

マッドプロテインのちょっと気になった点

・袋の口が狭いので、粉を取り出しづらい
・粉を取り出すとき、手に粉がつく
・開封時、付属スプーンが粉の中に埋まっている

少し気になったところもありますが、総合的に見れば「マッドプロテイン ホエイプロテイン」はかなりコスパが良いと思います。

少しでも安くプロテインを購入したいと考えている方は、一度「マッドプロテイン ホエイプロテイン」を試してみてはいかかでしょうか。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました