体内の炎症を無くし、自分本来のパフォーマンスを取り戻す。「最高の体調」 / 鈴木祐 [書評・要約]

健康
スポンサーリンク

現代人が抱える問題として、

・うつ病
・肥満
・散漫な集中力
・慢性疲労
・モチベーションの低下
・不眠
・弱い意志力

などがあります。

これらに悩まされている人は多いと思います。

一見ばらばらに見えるこれらの問題もすべて繋がっていて、文明病が関係しています。

文明病の原因は、炎症です。

足首を捻挫するなどの外傷によって、炎症が起こることは想像しやすいと思います。

身体の内部でも炎症は起こり、様々な問題を引き起こします。

逆に考えれば、炎症を無くすことで現代人が抱えている多くの問題が解消されます。

本記事では炎症を無くす方法を解説します。

この本の著者は、サイエンスライターの鈴木祐さんです。

鈴木祐さんは以下のような人物です。

・慶応義塾大学を卒業後、出版社勤務を経て独立
・10万本の科学論文を読破
・600人を超える、海外の学者や専門医にインタビュー
・ヘルスケアをテーマとした、書籍や雑誌を執筆
・ブログ「パレオな男」で心理、健康、科学に関する知識を発信。3年で月間100万PVを達成
・ヘルスケア企業などで講演も実施

本書には進化医学の観点から、様々な不調の原因を考え、それを改善する方法がまとめられています。

あなたも「最高の体調」を読めば、文明病の症状を軽減し、本来のパフォーマンスを取り戻せます。

「最高の体調」を読んでわかること

・炎症を引き起こす要因
・炎症を無くす具体的な方法

それでは解説していきます。

炎症を引き起こす要因

炎症は人類の進化と、現代のミスマッチが原因と考えられています。

文明の発達と共に人類の生活環境は大きく変化しましたが、身体と脳が環境の変化に対応できていません。

自然の中で獲物を追って暮らしていた、古代の人類からほとんど変化していないのです。

古代より「多すぎる」、「少なすぎる」、「新しすぎる」ものが炎症につながります。

多すぎる

・摂取カロリー
・精製穀物
・アルコール
・塩分
・乳製品
・人口密度
・衛生設備
 など

少なすぎる

・有酸素運動
・筋肉を使う運動
・睡眠
・空腹感
・ビタミン、ミネラル
・食物繊維
・自然との触れ合い
 など

新しすぎる

・加工食品
・人工照明
・デジタルデバイス
・インターネット
・化学物質
・ストレス
・孤独
 など

多すぎるもの新しすぎるものは減らし、少なすぎるものは増やしていくことで、体内の炎症レベルは下がっていきます。

炎症を無くす方法

発酵食品と食物繊維の摂取

善玉の腸内細菌なしでは、人体は正常に働きません。

しかし、近代化により多くの人の腸内細菌は減少しており、体中に慢性的な炎症が起きています。

発酵食品は腸内環境に良い影響を与え、食物繊維は腸内細菌のエサです。

発酵食品と食物繊維を意識的に摂取することで、腸内環境が改善されます。

発酵食品:キムチ、ぬか漬け、納豆、味噌、ヨーグルト、チーズなど
食物繊維:ココア、ブルーベリー、リンゴ、海藻、キノコ類、オクラ、寒天など

発酵食品と食物繊維

空気をきれいに保つ

部屋の中に漂うカビなどによっても炎症が起こります。

  • 部屋の換気
  • 水まわりの整備
  • 部屋の湿度を30~50%に保つ
  • 空気清浄機を置く
  • 部屋で喫煙しない

などのことで、カビの発生を防ぎ、空気をきれいに保てます。

なお、空気清浄機を購入する際は「HEPA」というフィルタを搭載しているものにすると、より効果的です。

部屋の空気をきれいに保つ方法

ストレスを減らす

過剰なストレスは心疾患、肥満、老化の促進など様々な問題につながります。

ストレスを減らすには良質な睡眠運動が大事です。

また、テレビやパソコン、スマホ、インターネットの使用をやめる「デジタル断食」によってもストレスはやわらぎます。

ストレスを減らすのに効果的なこと

良質な睡眠については以下の記事で紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

「睡眠こそ最強の解決策である」から学んだ、睡眠の重要性と睡眠を阻害するもの / マシュー・ウォーカー [書評・要約]
書籍「睡眠こそ最強の解決策である」から学んだ、睡眠不足による悪影響と睡眠を阻害する要因についてまとめました。夜になかなか寝付けない、眠りが浅いなど睡眠に関して悩んでいる人に役立つ内容の記事です。

自然と触れ合う

自然との触れ合いにより、人体の副交感神経が活性化します。

副交感神経は日中にたまった疲れやダメージを回復させる働きを持っています。

つまり、自然と触れ合うことで疲労が回復します

自然の多い公園で散歩したり、キャンプやハイキングをすると、とても効果的です。

部屋に観葉植物を置くのもいいでしょう。

本物の自然と触れ合うのが理想ですが、自然音や自然画像などでも効果があります。

YouTubeで自然音を聴いたり、スマホやPCの壁紙を自然画像にしてみましょう。

自然との触れ合いを増やす

「最高の体調」を読んで、私が実践したこと

私は「良質な睡眠」と「運動」に関しては既に取り組んでいました。

本書を読んで、新たに実践したのは以下のことです。

・キムチ、納豆、ヨーグルトを毎日食べる
・ワカメ入りの味噌汁を毎食飲む
・毎日ココアを飲む
・空気清浄機の購入
・スマホとパソコンの壁紙を自然画像に変更

良質な睡眠と運動にはもともと取り組んでいたので、新たに実践したことによって劇的に体調が良くなったわけではありませんが、間違いなく実践前よりは調子は良くなりました。

今後さらに、

・観葉植物を購入して、自然との触れ合いを増やす
・実験的にデジタル断食を行う

といったことをしていこうと思います。

まとめ

「最高の体調」について紹介してきました。

ポイントを以下にまとめておきます。

・身体の内部の炎症が様々な問題を引き起こす
・古代より「多すぎる」、「少なすぎる」、「新しすぎる」ものが炎症につながる
・「発酵食品と食物繊維の摂取」、「空気をきれいに保つ」、「ストレスを減らす」、「自然と触れ合う」などの行動で炎症は治まる

体内の炎症を減らせば、体調は良くなっていくはずです。

この記事で紹介しなかったことも、「最高の体調」ではたくさん紹介されています。

自分の体調に不安がある方は、ぜひ「最高の体調」を読んで、書いてあることを実践してみてください。

全部実践できなくても何か1つ行うだけで、今後の人生がより良くなっていくでしょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました